海老名総合病院(神奈川県海老名市)看護部、看護師求人・採用情報、看護師募集

海老名総合病院 看護部あしたの幸せをあなたと創る

  • ホーム
  • 交通・アクセス
  • 海老名総合病院のサイト
  1. HOME
  2. 教育制度
  3. 研修プログラム

研修プログラム

5つの力を備えた看護師に

看護実践に必要な能力、「人とかかわる力」「確かな知識と技術」「人を尊重する力」「新しいことを発見する力」「自ら学ぶ力」からなる研修プログラムです。
研修内容も単にスキルの習得に関するものだけでなく、各キャリアレベルに応じたフォローアップ研修があります。

※研修名をクリックすると、詳しい研修内容を確認できます。

クリニカルラダー

フレッシュマン フォローアップ研修フレッシュマン フォローアップ研修

新入職の方は、職場で「出来ない」「先輩に聞けない」など、新人ならではの悩みを抱えることがあります。一人で悩んでいても先は見えません。私たちには仲間がいます。その仲間と共に語り合い、支え合いながら解決の糸口が何かしら見つかることでしょう。

入職後の不安や悩み・喜びを共有しながら、仲間や先輩からのアドバイスを得て問題解決していくことと、法人内・院内のチーム医療の基盤をつくることを目的とした研修です。

研修対象者

全職種の新入職者
医師・薬剤師・看護師・助産師・臨床検査技師・放射線技師・臨床工学技士・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・管理栄養士・社会福祉士・診療情報管理士・介護福祉士・事務など

メンバーシップ研修メンバーシップ研修

看護者として2年目を向かえて、周りを見る余裕が出てきたころでしょう。
交代で看護に当たる私たちはチームで働いています。助けられたり助けたり・・・。メンバーとは何をする人なのでしょう。
忙しい毎日をちょっと振り返りながら、メンバーシップについて考える研修です。

次期フレッシュパートナー(サポーター)研修次期フレッシュパートナー(サポーター)研修

人を育てることは自分を育てることと同義だと言われています。
自分の得た看護観や看護の知識・技術を後輩に伝える方法を学ぶ研修です。

フレッシュパートナー(サポーター)研修フレッシュパートナー(サポーター)研修

フレッシュパートナー(サポーター)研修は新人の育成を通して自分自身の教育観や看護観についても考える場です。指導で悩んでいる問題や疑問について他部署の同じ役割の人と情報交換し、解決策を考えていく研修です。

リーダーシップBasic研修リーダーシップBasic研修

リーダー業務に不安を感じている研修者が、リーダーの役割や業務を知り、また、自分の傾向を理解しながら自身を持って現場でリーダーを担えるように学ぶ研修です。

中堅看護師研修中堅看護師研修

看護者7〜8年目頃は、看護技術力も深みと幅が広がり、また疾患に応じた適切な看護観察や判断力にも磨きがかかる時期です。
部署の看護実践はもちろん、病院や看護部のこれからの組織の要となります。

看護者の臨床実践能力について述べた看護理論家であるパトリシア・ベナーは、看護者は①初心者②新人③一人前④中堅⑤達人の5段階を経てエキスパートになっていくことを明らかにしました。しかしながら、中堅看護師は、今まで保有している理解力や状況把握方法だけでは立ち行かないことも体験するとも述べています。だからこそ、同世代の看護者の実践や知恵を共有し合うことが大切です。

看護の現場を離れた研修環境の中で、発想も一新しながら効果的な学びと交流を研修者と共に作り上げていきます。

倫理研修倫理研修

看護者は、医療現場で自分の行動が患者さんにとって良い選択であったか、この患者さんやご家族にとって良い看護の提供は何だろう、と悩むことがあります。医療チームメンバーとの価値観の違いやジレンマを感じる時もあります。

医療現場の高度化や患者さんの権利意識の高まり、価値観の多様化など看護専門職を取り巻く医療状況の変化の中に私たちはいます。
モヤモヤした感じを抱くということが、実は臨床倫理的な問題に気付く「きっかけ」かもしれません。研修者が臨床現場で遭遇したモヤモヤした事例を語り合う研修です。

ジュニア研修・シニア研修ジュニア研修・シニア研修

看護は、患者さんやご家族とのかかわりを通して看護者自らが成長していくことのできる魅力的な職業です。
反面、難しい患者さんとのかかわりや死別など、看護者も日々傷つく存在であるということを考えたことがありますか?ジュニア研修・シニア研修では、看護者を「感情労働者」という観点から捉え、気になった事例・場面の検討を参加者で共有します。

自らの感情変化に焦点を当てた内省(自分の考えや行動などを深くかえりみること)を通してセルフメンテナンスを行う研修です。
また、感情労働者として焦点があたる場面には、多くの倫理的問題が背景にあるため、研修前に、看護倫理研修への参加を勧めています。

ジュニア研修の目的

事例を通じて自己の看護観を深め、患者さん・ご家族への看護におけるチームメンバーとして看護の責務を自覚する。

シニア研修の目的

事例を通じて自己の看護観を深め、患者さん・ご家族への看護におけるリーダー的存在のナースとして看護の責務に対する考えを深める。

施設間研修施設間研修

自部署との関連が強い他部署や法人内関連施設(介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・外来・療養型病院など)での患者さんや看護スタッフとのかかわりを通して自己の看護や自部署の役割を「連携・継続・看護/実践」の新たな視点から役割を見つめ直します。

なりたい私・看護者像に近づくため、興味や関心のある部署での看護を体験し、看護スキルの向上や仲間づくりの一歩になる研修です。

アサーション研修アサーション研修

アサーションとは、コミュニケーション技法の1つで、「人は誰でも自分の意思や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己表現のこと。トレーニングを通じて、お互いを尊重しながら率直に自己表現できるようになることを目指します。

リーダーシップの発揮のためにはよい人間関係が欠かせません。人間関係論やコミュニケーション理論を学び、実践でどう生かすかを考え、部署内での新たな人間関係づくりのためのエネルギーをチャージします。研修を通じて自己のコミュニケーションや考えの傾向・他者との関わりを振り返ります。

リーダーシップAdvance研修リーダーシップAdvance研修

看護チームが一丸となり患者さんのケアやチーム内の人材育成に成果を上げられたときの嬉しさはプライスレスな体験です。それには、多くの看護単位でとられているチームナーシングのリーダーやサブリーダーの存在が非常に重要です。

チームダイナミックス(チーム力)を活かした看護チーム作りの基盤となる知識や理論枠を学び、患者ケアの変革や成果をあげられる看護チームリーダーのリーダーシップを育成する研修です。