海老名総合病院(神奈川県海老名市)看護部、看護師求人・採用情報、看護師募集

海老名総合病院 看護部あしたの幸せをあなたと創る

  • ホーム
  • 交通・アクセス
  • 海老名総合病院のサイト
  1. HOME
  2. 教育制度
  3. 認定看護師・専門看護師

認定看護師・専門看護師 - リソースナースの活動

看護をつなげる看護をつなげる

認定看護師が大切にしたいこと
患者さんと頑張る看護師のリソースになること

海老名総合病院では認定看護師や専門看護師などのスペシャリストを「リソースナース」と呼びます。

リソースは“資源、もとになるもの”という意味。私たちリソースナースは、患者さんや家族がより質の高い看護を受けられるように、ぞれぞれの専門性から、看護師とともに最善のケアの“もと“を考える存在です。

頑張る看護師の元気の素になれるように専門的な視点から助言します。

また、毎月連携会議をもち、活動の情報交換とともに、院内のリスク事故の低減といった認定看護師が協働してできることを考え活動しています。

  • 感染管理

    感染管理

    私は2人目の感染管理認定看護師として、手術室と兼務で感染管理の仕事をしています。
    治療のために病院を訪れた患者さんが、原疾患以外の感染症に感染することなく、本来の治療に専念できるように、勉強会やラウンドを通して職員へ標準予防策の推進を行っています。
    また、同職種の看護師だけでなく、診療部や医療技術部の皆さんと協力して、組織横断的に活動していきたいと思います。

  • 集中ケア認定

    集中ケア認定

    普段は、集中治療室で勤務していますが、クリティカルケア看護研修の企画・運営や他部署の学習会の企画に参加したり、様々な場面で活動することで、いろいろ人とのつながりができて、とても楽しいです。
    患者さんの生活の質を維持できるような看護を提供していくために、「せん妄」をテーマに活動しています。

  • がん性疼痛看護

    がん性疼痛看護

    さまざまなつらい体験をする“がん患者さん”。
    認定看護師として、がん疼痛を有する患者さんの持っている力が高まるようなサポートをすること、何よりも意思決定支援を大切にしています。
    がん患者さんが、痛みによる苦しみから解放され、その方らしい人生が送れるよう関わりたいと思っています。
    私の大きな夢は、海老名にがん疼痛で苦しむ方がいなくなること、そしてがん患者さん・ご家族が、安心して暮らせる地域にすることです。

  • 皮膚・排泄ケア

    皮膚・排泄ケア

    創傷、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)、失禁のケアを専門に行っています。
    院内では褥瘡対策チーム、コンチネンスサポートチームのメンバーと一緒に褥瘡予防や排泄ケアに取り組んでいます。
    皮膚や排泄の問題は生活の質にも大きく関わるため、適切なケアを提供することで、患者さんがその人らしくよりよい生活を過ごせるようになることを目標としています。

  • 緩和ケア

    緩和ケア

    病気になったことで患者さまやその家族一人一人の身体や心などの様々な辛さが出現してきます。
    その辛さをやわらげ、前向きに生きることができるように、多職種と連携をしながら今の現場で実践できる緩和ケアについて共に考え、ケアを一緒に提供しています。

  • がん化学療法看護

    がん化学療法看護

    私は外来で勤務しており、抗がん剤治療を受ける患者さんが自分らしい生活を送り、ご家族が安心して療養生活支援ができるように活動しています。
    安全・確実・安楽に治療を受けることができるように環境を整え、適切でよりよい医療・看護の提供を支援しています。
    必要な期間、治療を継続していけるように医師や薬剤師、現場の看護師と協働して一人一人の患者さんに合わせたケアを提供しています。

  • 脳卒中リハビリテーション看護

    脳卒中リハビリテーション看護

    現在、病棟で活動しています。患者さんにとって療養の場がリハビリの場となります。
    全身状態や生活場面を観察し細かな反応や変化に気づき、患者さんがもつ力やできる能力を引き出す。患者自身が病態を理解し生活行動が営めるようにご家族を含め多職種で支援することが大切です。
    何よりも毎日のケアを根気よく継続すること、重篤化を予防しながら安全に離床を進めることが健康維持・回復に結びつきます。
    スタッフが「生活者」の視点で患者さんを捉え、心理的・社会的側面もサポートしながら、急性期から退院後の生活を見据えた看護の提供ができることを目標としています。

  • 手術看護

    手術看護

    手術を受ける患者さんやご家族に対して、安心して手術を受けられるように心がけています。
    また、安全・安楽な手術看護を患者さんに提供できるよう、スタッフ教育にも力を入れています。
    手術はチーム医療であり、様々な職種との連携が必要不可欠です。
    医師・病棟看護師・臨床工学技士などと共に勉強会の開催なども行い、コミュニケーションを図りながら手術看護の質の向上に努めています。

  • 慢性心不全看護

    慢性心不全看護

    私は慢性心不全看護認定看護師として、患者さんやそのご家族が疾患とともに生活していくために、医師、看護師、他職種と連携してケアを提供し、患者さんやご家族が望む人生を送ることができるよう関わって行きたいと思っています。
    私の目標は、私たちの実践するチーム医療で、心不全を予防すること。
    また心不全を増悪させないということです。

  • 小児看護専門

    小児看護専門

    子どもは病気になると体がつらいだけでなく、処置や治療で何をされるのか分からない不安や恐怖をより感じます。
    そのため、子どもの年齢に応じた説明を行う事が小児看護では重要です。 小児看護専門看護師として、病棟だけでなく外来、地域へと活動の場を広げ、様々な健康レベルの子どもとご家族が健やかに成長発達していくことを支援していくとともに、子どもと関わる職員がより良い看護を提供できるように努めています。

  • 集中ケア認定

    集中ケア認定

    集中ケア認定看護師として、集中治療室に所属しています。生命の危機的状況にある患者さんが治療や処置により少しでも早く回復できるよう支援しています。その中で患者さんの辛いことが軽減され、安楽に過ごせるようチームみんなの力を合わせて看護しています。どのような状況であっても、地域で生活している患者さんがどうありたいか、どう生きたいかを尊重し、その人らしさを大切にできる看護を目指しています。

  • 皮膚・排泄ケア認定

    皮膚・排泄ケア認定

    現在勤務している外科病棟は、ストーマを造設する患者さん(オストメイト)が最も多い病棟です。私が認定看護師になろうと思ったきっかけの一つに、ストーマの管理が上手くいかず、これまで通りの生活が送れなくなってしまった患者さんとの関わりがあります。
    オストメイトの方が抱える様々な不安に寄り添い、その人らしい日常生活を送ることができるようサポートを行っています。
    皮膚・排泄ケアは、ケアの継続がとても大切だと感じています。スタッフと協力しながら、質の高い看護の提供に向け活動しています。

  • 認知症看護認定

    認知症看護認定

    認知症者とそのご家族が安心した療養生活を送れるように、療養環境の調整やケア体制を構築できるように対応していきたいと思います。また、認知症者の生命、生活の質、尊厳を尊重したケアを看護職や他職種と協働して提供できる環境づくりを目指していきたいと思います。認知症者が退院後もその人らしく生活できるようにサポートしていく事が目標です。

スペシャリストを育てるスペシャリストを育てる

頑張る看護師を応援する

海老名総合病院では、認定看護師や専門看護師の活動と育成に力を入れています。認定看護師がより活動しやすいように活動支援費でより強力にバックアップ。認定活動にかかわる器材購入や、専門書籍の購入、資格更新に必要な学会参加費用などに用いることができます。

これから資格取得を目指す看護師には、認定看護師教育の支援制度があります。
制度の利用に際しては、院内選考があり、病院への貢献度などにより若干名が選出されます。