海老名総合病院(神奈川県海老名市)看護部、看護師求人・採用情報、看護師募集

海老名総合病院 看護部あしたの幸せをあなたと創る

  • ホーム
  • 交通・アクセス
  • 海老名総合病院のサイト
  1. HOME
  2. 部署紹介
  3. 集中治療室(ICU)

集中治療室(ICU)

集中治療室の特徴について集中治療室の特徴について

集中治療室の特徴

集中治療室のベッド数は個室3床を含む10床です。患者対看護師比を常時2対1で配置しています。 特定集中治療を受ける患者さんは主に1〜9に示すような重篤な状態にあります。

  1. 意識障害又は昏睡
  2. 急性呼吸不全又は慢性呼吸不全の急性増悪
  3. 急性心不全(心筋梗塞を含む)
  4. 急性薬物中毒
  5. ショック
  6. 重篤な代謝障害(肝不全、腎不全、重症糖尿病)広範囲熱傷
  7. 大手術後
  8. 救急蘇生後
  9. その他の外傷、破傷風等

当院では実際に下記のような疾患・病状で集中的に治療を必要とする患者さんが利用しています。

心臓外科:
弁疾患、冠動脈疾患、大動脈疾患(解離性大動脈、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤)
脳外科:
くも膜下出血、脳出血、脳動脈瘤
循環器:
急性心筋梗塞、重症心不全
消化器外科:
肝臓癌、膵臓癌
人工関節科:
変形性股関節症
呼吸器外科:
自然気胸、肺癌
泌尿器外科:
前立腺癌、膀胱癌
婦人科:
子宮癌
消化器内科:
重症膵炎

集中治療室における看護のこだわり集中治療室における看護のこだわり

集中治療室における看護のこだわり

上記疾患の周手術期と突然の入院、緊急手術を必要とする生命の危機的状況にあり、苦痛と不安、緊張を感じている場合が多いため、身体的側面に留まらず心理的、社会的側面にもアプローチする看護を行っています。

また、不安、悩みなど抱えているご家族に対しても積極的に関わり、情報提供や相談対応できるように支援をしています。

集中治療室は特殊な環境だからこそ患者さん・ご家族が話かけやすい雰囲気づくりや環境づくりを心がけています。

どのような人材育成を目指しているかどのような人材育成を目指しているか

ICUで働く看護師は20〜30歳代の看護師が多く、経験豊かな看護師も多いですが、新人看護師も所属しています。看護師の教育プログラムについては、ICU独自の教育スケジュールパスを用いてラダー別教育を行っています。また、平成26年度より、患者様の安全とスタッフの離職予防に向けて、パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)を導入しました。導入後半年間は、様々な業務の混乱や不安などからスタッフの不満が絶えませんでした。しかし、そういった状況を打破すべくスタッフ全員が一丸となって話し合いを繰り返し、自分達が働きやすい環境を作り上げることが出来ました。まだまだ課題は残っており定着までには至っていませんが、導入して良かった点は、スタッフそれぞれがお互いの価値観を認め合う環境が出来てきたところだと思います。さらには、スタッフ同士だけでなく患者さん・ご家族の価値観や尊厳という視点でも看護をしようとする姿勢が見られてきたところも良かった点と言えます。

人材育成

ICUを利用する患者さんの特徴としては、重症で意識がなかったりと自分の思いを伝える事ができなかったり、自らの力だけでは病気を治したりすることが出来ずに医療者に身を委ねざるを得ない状況であることです。そのため、治療を最優先に行うことが求められる部署の特徴もありますが、そんな中でも患者さんには早期に回復して元の生活に戻れるように、患者さんの自律を目指した視点で看護を考えています。また、患者さんのご家族の不安や悩みも計り知れず、スタッフでカンファレンスをしながら、患者さん・ご家族のサポートが出来るように心掛けています。今年度は、「家族看護」「せん妄」「呼吸リハビリ」「リハビリ」「口腔ケア」をテーマに掲げ、それぞれがその分野においてエキスパートになれるようにチーム活動を行っています。