海老名総合病院(神奈川県海老名市)看護部、看護師求人・採用情報、看護師募集

海老名総合病院 看護部あしたの幸せをあなたと創る

  • ホーム
  • 交通・アクセス
  • 海老名総合病院のサイト
  1. HOME
  2. 部署紹介
  3. 外来

外来(救急外来・紹介外来・内視鏡センター・透析室・化学療法室)

外来看護について外来看護について

集中治療室の特徴

当法人は平成17年に道路を挟んで向かい側に外来専門の施設として「海老名メディカルプラザ」を開設しました。外来専門施設がすぐそばにあるため、海老名総合病院内では一部の外来診療を行っています。

一般外来診療のほかに救急外来、外来化学療法室、内視鏡センター、放射線部門の検査介助(心臓カテーテル検査やアンギオ検査等)、入院患者対象の人工透析、患者相談等の様々な業務を「外来」という一つの部署で担っていることが特徴です。

これらのセクションに必要な外来看護を提供するために、曜日や時間帯・患者数・業務量などに応じて人員配置をしています。そのため、一つのセクションに専従のスタッフはおらず、各自が対応できるブースや業務内容を基に毎日の勤務配置を組んでいます。

例えば午前は救急外来、午後は内視鏡センターといった配置や、一般外来に一日配置でも緊急発生した検査介助を担当すること等があります。

雇用形態や勤務時間に配慮しながら各人の専門的な看護実践能力やスキルを組み合わせて、流動的な診療ニーズに応じて看護連携やサポートが行える体制を整えています。そのための看護実践チェックリストはもちろん、人材育成スケジュールなども整備して、中途採用やブランクのある人でも確実にキャリアを積めるように支援しています。

「地域医療支援病院」としての救急外来の役割「地域医療支援病院」としての救急外来の役割

救急外来の役割

外来の中でも救急外来は24時間、365日「地域医療支援病院」としての使命を担っています。看護師は当直制(2交代)で、産婦人科を除いた内科系・外科系・循環器系・脳神経系・小児科の5診療科の救急医療を提供しています。

成人の二次救急当番や脳卒中・心筋梗塞などの神奈川県県央地区輪番の他に、海老名市・座間市・綾瀬市の3市の小児救急医療も担っています。平成29年には「救命救急センター」の設置を目指しています。更に高まる地域の救急医療のニーズに応えられるよう準備を始めました。

救急外来の受診は突然のため、患者さんはもちろん家族や付き添う方の不安も強くなりがちです。しかし、休日や夜間の救急診療の順序は症状を専門的に看護師がトリアージして決定するため、来院順とは限りません。さらに診療科ごとの診察状況が影響し、待ち時間が予測しきれない場合がほとんどです。スムーズな診察や処置を望む患者さんのニーズと救命や重症度に応じた医療を優先する現場の使命とのギャップも生じやすいものです。だからこそ、状況に応じた調整や患者さんやご家族に配慮をしながら救急医療をスピーディーかつ適切に提供できるかにチャレンジしています。

また救急外来は深刻な病状を突然宣告することも多いため、ご本人だけでなくご家族へのサポートも含めた介入が重要になります。

確実な診察・安心できる救急医療の提供と合わせて、つらく悲しい現場に向き合う家族を支え、想いが少しでもくみ取れるような看護の提供を目指しています。目まぐるしい日常の中にも「思いやり」や「ほほえみ」を大切にした看護を考えています。

救急医療を支える看護師教育救急医療を支える看護師教育

看護師教育

地域の医療ニーズにいつでも応えるために、救急看護に必要な知識技術習得を推進しています。

救急外来においては検査・処置対応に備えて心臓カテーテル検査やアンギオ検査・内視鏡検査なども幅広くトレーニングし、救急看護実践能力を向上させています。この教育には、救急認定看護師が中心となって新人教育からエキスパートナースの育成まで関わり、救急看護の質の向上に貢献しています。

今後の救急医療体制のさらなる充実のため、救急医療・看護を担うスペシャリストの人材育成に力を入れたいと考えています。

どのような人材を育てたいと思っているのかどのような人材を育てたいと思っているのか

どのような人材を育てたいと思っているのか

私たちは患者さんが疾病と向き合いながら治療を継続し、その人らしく生活できることを大切に関わっていきたいと考えています。

看護師として、単に診察介助や検査・処置介助に携わるのではなく、その中で「どのような看護を提供できるか」を考えられる人材の育成を目指しています。受診している患者さんをその場限りの存在としてとらえず、「かけがえのない存在」として尊重できる看護を提供したいと思っています。

働き方は様々でも患者さんを思う気持ちや苦痛に寄り添う心はみんな一緒です。個人ごとのワークライフバランスを大切にしながらも看護師として必要な知識や技術、態度の研鑽を積めるように職場全体で支援をしています。

当院の外来で一緒に看護を語り、お互いに切磋琢磨できる人間関係を築いてみませんか?